通信講座のご案内 メルマガ配信希望
講座の特徴 講座一覧 カリキュラム 学習の流れ 受講申込手続きの流れ
カリキュラム
| 株式投資初級 | 株式投資中級 | 株式投資上級
講座ごとに演習問題・講義映像および修了試験が付いています。

株式投資初級講座の学習内容
これから株式投資を始めようとする方や、投資経験はあるが基礎から株式投資を学習したい方を対象とした講座です。株式投資の魅力とリスク、新聞などの投資情報、企業業績の見方、さまざまな投資指標の見方・使い方など、投資を始める場合に欠かせない基礎知識を全般的に習得します。
第1部 株式投資とは
第1章 株式とは
第2章 株式の仕組み
第3章 株式市場
第4章 株式投資の方法
第2部 はじめての株式投資実践
第1章 株式投資の実践
第2章 代金の決済と振替制度
第3章 株主名簿とは
第4章 株式投資にかかる手数料と税金
第3部 株式投資の心構え
第1章 株式投資のメリット
第2章 株式投資のリスク
第3章 株式投資の心構え
第4部 会社四季報・新聞の株式欄の見方
第1章 会社四季報の使い方(1)
第2章 会社四季報の使い方(2)
第3章 新聞の株式欄の見方
第5部 株式投資に必要な情報収集法
第1章 株式投資に必要な情報の収集
第2章 マーケット情報の収集
第3章 IT時代のファンダメンタルズ情報の収集
第6部 株式相場の変動要因/font>
第1章 市場が変動する要因
第2章 「景気」と「株」の関係を見る
第3章 株式相場に影響を与えるさまざまな要因
第4章 株式実践投資 相場のサイクルをつかむ

  
▲TOP

株式投資中級講座の学習内容
投資家自身が情報を収集し、経済動向や企業業績等のファンダメンタルズ分析が的確にできるようになり、その分析をもとにして投資先を選定することができ、そして、実際に投資を行い、その投資を成功へ導くための知識・方法、いわば株式投資初級講座で学んだ株式投資の基礎をより発展させて、自立した投資家として株式投資を実践していくために必要な知識・方法の習得を目的とした講座となっています。
第1部 株式の投資スタイル
第1章 いろいろな投資スタイル
第2章 グロース株(成長株)投資
第3章 バリュー株(割安株)投資
第2部 株式の投資戦略
第1章 短期売買の戦略
第2章 マネーマネジメント
第3章 マネーマネジメントとトレード戦略
第3部 ファンダメンタルズ分析
第1章 ファンダメンタルズ分析とは
第2章 企業業績を分析する
第3章 ファンダメンタルズ分析も変化する
第4部 株式相場の歩みから学ぶ市場の動向
第1章 株式相場の歩みから学ぶ
第2章 広がる新しいマーケット
第3章 投資家動向と株式市場
第5部テクニカル分析(1)テクニカル分析とは
第1章 テクニカル分析とは
第2章 チャート(ケイ線)で分析する株価
第3章 トレンドラインでトレンドをつかむ
第4章 チャートパターンでトレンドをつかむ
第6部 テクニカル分析(2)トレンド分析・オシレータ―分析/font>
第1章 最も有名なテクニカルチャート、移動平均線
第2章 トレンドの変化をつかむ新値足
第3章 一目均衡表でトレンドを見る
第4章 オシレーター分析(その1)
第5章 オシレーター分析(その2)
第7部 テクニカル分析(3)株価分析 その他の手法/font>
第1章 出来高を使って分析する
第2章 波動を使って分析する
第3章 物色動向を分析する
第4章 ボリンジャーバンドとパラボリック
第5章 ポイント・アンド・フィギュアとDMI
第8部 デリバティブの基礎知識/font>
第1章 デリバティブとは何か
第2章 デリバティブの歴史と現在
第3章 代表的なデリバティブ
第4章 デリバティブを使った金融商品
第5章 デリバティブにかかわる 法規制と税金

▲TOP

株式投資・実践テキストコースの学習内容
テクニカル分析上級、信用取引、先物、オプション等のデリバティブ、そしてポートフォリオ理論等、株式投資におけるより高度な知識・方法の習得します。
第1部 オプション取引
第1章 オプション取引とは何か
第2章 オプション取引の特徴
第3章 オプション取引の価格決定理論
第4章 オプション取引の投資戦略
第5章 ブラックショールズモデルとオプション戦略
第2部 先物取引
第1章 先物取引の基礎知識
第2章 先物取引の価格決定理論
第3章 先物取引の特徴
第4章 先物取引の投資戦略
第3部 信用取引
第1章 信用取引とは
第2章 信用取引の実際
第3章 信用取引の注意点
第4章 信用取引の活用法
第4部 カバードワラント
第1章 カバード・ワラントの仕組み
第2章 カバード・ワラントの投資戦略
第3章 カバード・ワラントの価格変動
第4章 カバード・ワラント特有の売買手法
第5部外国株取引
第1章 外国株取引の基礎
第2章 米国株取引
第3章 中国株取引
第4章 外国株取引の注意点
第6部 ポートフォリオの理論と管理/font>
第1章 ポートフォリオとは
第2章 ポートフォリオ理論の展開
第3章 ファンドの運用
第4章 パフォーマンスの評価
第7部 財務分析/font>
第1章 デュポンモデル
第2章 収益性の検討
第3章 効率性の検討
第4章 収益性×効率性
第5章 安全性の検討
第8部 証券分析/font>
第1章 基本的な株評価手法
第2章 企業価値評価法
第3章 デュポンシステム株価評価モデル:PERアプローチ
第4章 デュポンシステム株価評価モデル:PBRアプローチ
第5章 証券分析の実際
第9部 経済指標分析/font>
第1章 在庫循環
第2章 設備投資循環
第3章 建設循環
第4章 コンドラチエフ・サイクル
第5章 合成波という考え方
第6章 円安⇔株高の関係を考える
第7章 「経済指標分析」を終えるにあたって

▲TOP

BACK NEXT

Copyright 2007 日本金融証券知識・情報普及協会 All Rights Reserved.